情報提供掲示板
1:「最愛の母」の四男

NTT西日本大阪病院!〓医療犯罪

NTT西日本大阪病院・院内犯罪暴露に対する"報復"  
[本投稿は、既にマスコミ各社(新聞・雑誌・テレビ)に、メール送信させていただいた内容です。]


 いよいよ母の身に危険が及んできましたので、再度メール送信させていただきました。

 メールを送信させていただいた後から、現在一方的に主治医と名乗ってきた前田(病院では母を人体実験した相谷と同じく外来内科医のようです。)が、母の命綱であります点滴通路の確保を拒否し、母を非常な危険に追いやってきております。


 一変質医の犯罪だと思い、院内の意見箱に入れる書類に相谷の事を訴えたところ、改善どころか、先般のメールの通り部屋を移され、その影響でSPO2(体内の酸素濃度)が、70にまで落ちてしまうような危険にさらされてしまいました。(※健康な人のSPO2は、97%くらいです。)※部屋を移されてから2時間に1回の痰の除去が出来ない状態で、ベッドも斜めのままで5〜6時間もの長時間ほったらかしにされた為、痰がゼリー状に固まり、逆流していわゆる誤嚥と同じような状態になり、窒息しかけました。→これとて、れっきとした犯罪です。(医療行為の放棄と虐待)


今日(1/24)に、メールを入れさせていただきましたのは、昨日の朝から総務の人間やら、目つきの悪い高年の男が、部屋(東717)に張り付き、監視されてしまっていたからです。高年の男に名前を要求すると、「おれは小松じゃ!」とドスを効かせて、ヤクザに絡まれているような感覚に陥るような威嚇しながらの、脅し口調でした。(ココは、病院で組み事務所でないハズだ。)バッジを確認すると、事務課長と書いてありました。


 一変質医の母への人体実験を、メール以後病院ぐるみで(少なくとも事務・総務・内科の古い連中の何か表に出したくないときの、既に決まったヤリ方のように見えてきました。)私の命より大切な母の「生命」を奪いに、覆いかぶさってきております。


 取材でも何でもお受けいたします。

 他の家族の者も、常に病室に来ておりますので、このような卑劣な内容を、詳しくお話できるかと思います。

もう余り時間が、ございません。
どうぞお力添えをお願い致します。
(PC)
2008/5/8 2:02
最新レスを表示する
Presented by Z-Z BOARD